池袋「四川麻辣烫(シセンマーラータン)」中国の屋台ラーメンを食べてきた【池袋駅西口徒歩5分】

スポンサーリンク
グルメ


「ラーメンが食べたい」という友人たちに付き合って、池袋で飲んだ帰りに中華麺が楽しめるお店に行ってきました。


(外出自粛の遥か前。今さらのブログ更新…。)


池袋 四川麻辣烫(シセン マーラータン)



池袋駅の西口から歩いて5分程度でお店に着きます。

西口(中央)でも西口(北)でも、どこからでも行けます。


席は1階・2階があります。

2階は1階よりも広めでソファ席もありました。



1階で注文をしてお金を払った後に店員さんが注文した商品を持って来てくれるシステムです。


お店に入って座席に座っていても店員さんは注文を取りにこないので、まずは1階の入り口から入って注文をしましょう。

麻辣烫(マーラータン)とは


野菜・海鮮・肉など

自分の好きな食材を自由に選んで麺と煮込む麺料理。

中国の屋台で食べられる有名な料理みたいです。


スポンサーリンク

注文の流れ / 注意点


繰り返しになりますが、座席に座ってから店員さんが注文を取ってくれるスタイルではないので気をつけてください。


①1階の冷蔵庫の棚から好きな食材を選びます。

②:レジに持っていき、お金を支払います。


(スープの辛さや麺の種類を選びましょう。店員さんが聞いてきます。)



食材が多いので組み合わせに悩みます。


注意点としては、最低具材を3品選ばなければなりません。

具材は1品あたり110円。

麺は490円で大盛りに無料で変更可能。

お会計は最低でも480円(麺・スープ)+330円(具材3品)がかかります。


「オリジナル麺が作れる」と聞いて来たので「具材を少なくすれば安価で済むかな」と思っていましたが、意外とお値段がかかってしまいますね。


スポンサーリンク



次に

・麺の種類(春雨・ラーメンなど)

・スープの辛さ



も選びましょう。


辛いのが好きな方も苦手な方も好みに幅広く対応してくれそうです。

画像をみると辛さは6種類と結構あります。



店員さんは基本的に中国の方ばかりです。

中国語も飛び交っていますが、日本語は通じます。

愛想も良いですし、注文も難しくありませんでした。



選ぶ食材によって味が変わる!



具と麺をしっかり煮込むのが特徴の麻辣烫(マーラータン)。

選んだ食材によって見た目も味が全然違うものになります。


私は、ホウレンソウ・パクチー・・・

あと、何かの肉を選びました。


結構時間も遅かったので、ヘルシーさを求めて麺は春雨にして、辛さの無い白湯(パイタン)スープにしました。


ごちそうさまでした

白湯(パイタン)スープが美味しかったです!

味はまとまりがあってさっぱり美味しくいただけました。


春雨はコシがかなりしっかりしていて、食べるのが少し大変でした。


麺はどの量でも490円かかってしまうので、大盛りで食べられる人はお得だと思います。

(私のような小食の人だと少し割高かも。)


ラーメンを食べたいけどカロリー控えめがいい人にオススメできます。


池袋にまた来ることがあればまた利用したいと思います。



余談ですが、この飲み物がおいしかったです。

見た目からは想像ができませんが、ココナッツミルクのジュース。


とても甘くてなんかクセになる味でした。


中国では定番の飲み物らしいです。


お店の場所

池袋 四川麻辣烫(シセンマーラータン)




タイトルとURLをコピーしました