西川口「THE BOURBON HOUSE(ザ・バーボンハウス)」創業50年の老舗バー

西川口「THE BOURBON HOUSE(ザ・バーボンハウス)」創業50年の老舗バー

西川口駅西口エリアで中華料理を食べ、お腹がいっぱい。

「あと少しだけ飲んで帰りたい」とうことで反対側の出口へ。


飲み屋はあまり無く、チェーンの飲食店が多い印象でした。

西口エリアは中国人の方が非常に多く、ミニ中華街と言っていいほど中国のイメージしかありません。

極端で二分化されているような印象を受けました。



さて、そんなこんなで飲み屋が見つからず、半ば諦めながら駅周辺を歩いているとバーを発見!

しかし、川口で地下のお店ということもあって不安になってきます。


「川口で地下…..大丈夫なのだろうか」

「ボッタクリ店だったらどうしよう…」

失礼ながらそんなことを考えもしましたが、スマホのある時代で良かった!


すぐに店名を検索。

どうやら安心して飲めそうなお店です。

緊張しますがお店に入ってみます。


THE BOURBON HOUSE

THE BOURBON HOUSE(ザ・バーボンハウス)

話を伺ってみると、このお店はバーボン専門店で歴史はなんと50年以上!

新宿の歌舞伎町で20年営業した後に西川口へ移動し36年営業されているそうです。

非常に歴史の長いバーでした。

バーボンの種類は400種類近く揃えているそう。

アメリカンスタイルということでバーテンさんの服装はウエスタンスタイルでした。


テーブルチャージ無し

バーでテーブルチャージの無いお店は初めてです。

これは本当に嬉しい。

もし西川口に住んでいたら、気軽にお店によって、1杯サクッと飲んで帰れたりするな。と想像が膨らみます。


JIM BEAM(ジムビーム)にハマっていた時期だったのでBONTEDという度数50度の物を頂きました。

左から40度、45度、50度



変わりゆく川口

バーテンさんの話によると、川口の治安が悪かったと言うのは30年ほど前の話らしく、今は整備されて町は比較的落ち着いているそう。

川口の歴史やオススメの美味しい中華料理店なども教えて頂きました。


時代とともに変化していく埼玉県川口市。

平成の終わりと令和の始まりを噛み締めながら。


まとめ

1杯サクッと飲んで出ても大丈夫ですし、仲の良い仲間とゆっくり語り明かす場所としても良いです。

カウンターはすぐ満席になり、その後も続々とお客さんが入ってきて盛況でした。


西川口にまた行くことがあれば是非また寄りたいです。

楽しい夜をありがとうございました。



お店の情報

THE BOURBON HOUSE(ザ・バーボンハウス)