デカっ!本格鉄鍋料理が楽しめる西川口「滕記熟食坊」中華料理屋 紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
グルメ



「中国東北地方の鍋料理を食べよう!」

というお誘いを頂いたので西川口まで行ってきました。


川口は治安が悪い”という先入観があって少し怖かったですが、降りてみるといたっていい意味で普通の街でした。


ただ、西口駅前のロータリーから1本脇の道に入ると中国語の看板だらけで通行人のほとんどが中国語で喋っています。

想像していた川口とは大きく違いました。


どうやら近年、西川口はチャイナタウン化していて、マニアックな中華料理が楽しめるようです。


[adchord]

滕記熟食坊


西川口駅西口から歩いて5.6分くらいで着きました。


16時頃に3人で伺いましたが、お店に入るとすでに1組の先客がいました。


お店は4人で座れるテーブル席が6席ほどあって広々としています。


私は誘われて来ただけで、前情報は全くなかったので知りませんでしたが、どうやら中国東北地方の鉄鍋料理が有名なお店らしいです。


店員さんはみんな中国人の方で日本語の通じない場合もいます。



テーブルに埋め込まれた巨大鍋



直径60cm以上ありそうな巨大な鍋がテーブルに埋め込まれています。

画像に映っている手の大きさと比べると鍋の大きさが分かると思います。

成人男性の靴が6〜7足は入りそうな大きさです。

写真で見るとそこまでですが、実物はもっと迫力があります。




「醤油煮込み羊肉鍋」注文!


羊肉を使った鍋を注文。


4〜5人前あるそうです。


(屈強な中国人の成人男性が食べる想定での4〜5人前であると、この時私たちは知る由もなかった……。)



巨大な鍋にニンジン・ジャナイモを入れ、スープを流し込みます。

ラム肉を入れたら、蓋をしてしばらく煮込んでいきます。


[adchord]


暖房でも入れているかのような熱さです。

テーブルの下を覗いてみると、釜を無理やりテーブルにしたような造りになっていました。


こりゃあ熱いわけだ…..



しばらく具を煮込んだ後、店員さんがやって来ました。

練った生地を鍋の側面にペチンペチンと均等な間隔で叩き付けていきます。


とうもろこし粉で出来たパンになるみたいです。

中国ではご飯の代わりに食べられたりするみたいです。


鍋に蓋をして再び煮込んでいきます。

この時、中の湯気で生地が蒸されてパンになります。

いやぁ、、、考えられてますね。


マーラーカオを彷彿させるような見た目です。



量がとにかく多く、成人男性3人でも食べきれませんでした。


店員さんにお願いをすると持ち帰りもできました。



まとめ

かなりボリュームがあります。

鍋が目的で行く場合は3人以上で行った方が良いです。

今回は鍋で手一杯で他の物を食べられなかったので、また行く機会があれば他の物も是非食べてみたいです。


お店の情報

滕記熟食坊(トウキジュクショクボウ)

住所:埼玉県川口市西川口3-30-12

電話番号:048-258-8888

営業時間:12時〜24時

定休日:月曜

テイクアウトあり


[adchord]

タイトルとURLをコピーしました