中野「BRICK(ブリック)」1951年創業の老舗バーで昭和ノスタルジックに酔う

中野「BRICK(ブリック)」1951年創業の老舗バーで昭和ノスタルジックに酔う

東京中野で良いバーを聞かれたら間違いなくココを勧めます。


中野を愛する人なら知らない人はいないでしょう。


本日はこちらにお伺いしました。

サントリーパブ BRICK(ブリック)

中野の有名店なので気になってはいたのですが、やや格式が高いイメージがあり、1人で入店するところまで至らず遠慮していました。

仲間と会う機会を利用して思い切ってお店に入ってみました。


場所はJR中野駅北口から徒歩2分ほど。

中野駅北口改札から見て右手にケンタッキーがありますので、その通りを直進をすると突き当たりにあります。

ブリックの外観。
レンガ調の落ち着いた雰囲気。


バーテンさんとボーイさん数名が迎えてくれます。

入って右手がカウンター。
右奥が厨房(?)左奥がテーブル席になっています。

2階もあり、1階と似た作りですが1階よりもテーブル席が多め。

お店はなんと1951年から営業されているらしいです。

1杯200円のトリスハイボール

気になっていた200円のトリスハイボールを注文。

ブリックの定番メニュー。

薄いレモンの皮が入っていてほのかにレモンの香りがします。

200円のトリスハイボール


お通しあり

チョコレートと品川巻き。

バーで品川巻きってあまり見ないような。ちょっと珍しいかも。




バー初心者はプロに任せよう

分からないことはプロに任せるのが一番。

知ったかぶりが一番格好悪い。

わたしはそう思っています。

わたしは飲むのは好きですが、お酒に特別詳しいわけではないのでプロを信頼して任せます。


甘いのか甘くないのか

度数は強いのか弱いのか

その時の気分と自分のイメージをしっかり伝えます。

言葉が足りなければバーテンさんが質問してくるので大丈夫です。


ウイスキーを飲む時は自分の希望する飲み方に合うものをお任せで頼みます。

ソーダで飲むのか、ロックで飲むのか

お酒は飲んでいくなかで気に入った味のものがあれば自分のお気に入りのお酒として覚えていけばいいと思います。



カミカゼ

ウォッカベースのカクテル

カミカゼ


あれっ?これは…..

記憶にないです。なんでしょう….これは。



まとめ

とても楽しい時間を過ごせました。

やや記憶が飛んでますけど。笑


歴史のあるバーでありながら肩肘張らずに飲めるどこか落ち着いた雰囲気が魅力だと思います。

昭和を生きた方には懐かしく、平成生まれには新鮮に映る物が多いのではないでしょうか。

令和でも変わらずに残っていて欲しいお店です。


仲の良い友人と。大切な恋人と。もちろん1人でも。

良心的な価格の良いバーでした。


フードメニューが充実していたので次はお腹を減らせて行きたいです。


ごちそうさまでした。


お店の情報

SUNTORY PUB BRICK(ブリック)