【GLIDiC TW-7000レビュー】外音取り込み機能付きワイヤレスイヤホン。オススメする理由とオススメできない理由

スポンサーリンク



外音取り込み機能が付いているワイヤレスイヤホン、GLIDiC(グライディック) Sound Air TW-7000を買いました。


今回はそのレビュー記事です。

結論から言って、買ってよかったです。

この買い物は正解でした。

良いところ・イマイチだったと感じたところを書いていきます。

購入を悩んでいる方の参考になれば嬉しいです。

GLIDiC(グライディック) Sound Air TW-7000


内容物はこんな感じです。

イヤホン

イヤーピース(XS/S/M/L)

充電用ケース(ストラップホール付き)

充電用ケーブル(USB Type B)

かんたんガイド

取扱説明書/保証書







見た目


イヤホン本体はほのかにキラリと光る粒子が入ったようなメタリック加工が施されたデザイン。

側面はマットな質感になっていて、良いメリハリがついています。

上品な光り具合でとても高級感があります。


購入の決め手

・ケースがコンパクトで持ち運びがラク

・外音取り込み機能が良かった!

・耳へのフィット感が抜群だった!

・カナルワークス監修

・全体的に評価が高かった!

・人気の注目商品だった!



あげると結構出てきますが以上の点から購入。


私は手ぶらで出かけることが多いので、ポケットに入って邪魔にならないコンパクトさを重視しています。


カナルワークス監修!快適なフィット感

TW-7000の造形はカスタムイヤホンメーカー「カナルワークス」が監修しています。

芸能人(アーティスト・アイドルなど)が耳の型を取り、その人の耳に合った専用のイヤホンを作るアレです。


イヤホンを長時間使用することを想定した時に、耳への負担って気になりますよね。

耳が痛くならないことってイヤホンを選ぶ上でかなり重要だと思います。


耳の形を知り尽くしたカナルワークスが監修しているだけあって、TW-7000は耳への快適なフィット感が抜群でした。

イヤホンを長時間着用しても耳が痛くなりませんでした。

急速充電に対応!10分の充電で2時間使用できる

急速充電に対応していて10分の充電で2時間使うことができます。

バッテリーが切れてしまったとしても、スキマ時間の充電ですぐに復活します。

地味ですけど緊急の場合はかなり助かります。

9時間の連続再生ができる!


連続で9時間の再生が可能です!

充電用ケースと合わせれば25時間使えます!

普通の人はそこまで長時間使わないと思いますし、はっきり言ってバッテリー持ちは十分なんじゃないかと思います。

スポンサーリンク


イヤホンとケースそれぞれにマグネットが付いているので、ケースに収納をするとパチンと固定されます。


イヤホンを充電ケースに収納されるとイヤホンが赤く光ります。

画像だと見づらいですが、充電ケースにはバッテリー残量が確認出来るインジケーターが付いています。

2秒で自動ペアリング

充電ケースからイヤホンを取り出して2秒ほどで接続されます。

接続されるまでの速度はかなり早いです!

ムダな待ち時間が一切なく、すぐに音楽を聞くことができます。すごく快適です。


充電ケースからイヤホンをスムーズに取り出しても、左右あわせて1秒はかかります。

耳に装着し終わった時にはすでに接続されている状態になっています。



初回だけ本体の設定から接続する必要があります。

イヤホン本体をケースから取り出し、接続する機器の設定画面で”接続”を選択するだけなのでとっても簡単。

2回目からはイヤホンをケースから取り出すだけで自動接続。

登録は8台まで出来ます。


接続が完了すると「トゥルン♪」と音が鳴ります。


ワイヤレスイヤホンを使ったことのある方が一度は聞いたことのあるであろう

「Power on(パワーオン)」

「Connected(コネクティド)」


などの音声は入っていません。



手に収まるコンパクトなサイズ感




かなりコンパクトで軽いです!

私は手ぶらで出かけることが多いのですが、持ち運びが面倒だと感じたことはないです。


とても軽いので持ち運びがラクで、いつでもポケットに入れておけます。


イヤホン単体でほとんどのアクションに対応

音量のアップダウン

曲の再生/停止

曲送り/曲戻し

通話の接続/拒否

Siri(音声コントロール)の呼び出し



左右のイヤホンそれぞれに物理ボタンがついています。

多くの完全ワイヤレスイヤホンは正面にボタンがついていたりしますが、これは少し違って側面に物理ボタンが付いています。


外音取り込み機能が超便利!

外音取り込み機能がついているのがこのイヤホンの大きな特徴!

「外音取り込み機能って何?」と思われている方にどういった機能かと言うと、イヤホン付属のマイクで周囲の音を拾って耳まで届けてくれるというものです。

自分の耳ではなく、マイクを経由して


「そんなことをする意味はあるのか」「それの何が良いのか」というと理由があります。

音楽への没入感を維持したまま周囲の音も聴けるとイヤホンをいちいち取り外さずに使えます。


「歩いている時に車の音が聞こえなくて危ない」

「周りの音が聞こえないからイヤホンを外さなきゃいけない」

こういった問題を解決してくれるのがGLIDiC TW-7000のような外音取り込み機能がついたイヤホンです。


イヤホンは付けたまま、ボタン1つで周囲の音を聞いたり遮断できるので便利です。

音楽を流していない待機状態でも、音楽を流していてもマイクを通して周囲の音をしっかり聞くことができます。


スポンサーリンク

外音取り込みによる音の変化

・机に爪を立てて鳴らすカタカタ音。

・パソコンのキーボードを打つ音。

・包装紙をクシャっと握り潰す音。

・紐のついたスニーカーで歩く時に鳴る紐と靴の接触音


少し音を誇張した感じといいますか、、、生活音の解像度を上げたような感じになります。

聞く音によっては微妙に加工されているような感じがあります。

ほとんどの音は自然に耳まで届くので特に違和感は感じませんでした。

「あれ?どっちが現実の音だ?」と思うほど自然に耳まで周囲の音が届きます。


外音取り込み機能をオンにしている時、生活音のどれかに不自然に聞こえる音があるはずです。

「あ、こっちが外音取り込みで聞こえている音か!」と分かる時があります。

それくらい自然に聞こえます。


1つ注意ですが、音楽のボリュームを上げすぎると外音取り込みの効果が下がります。

拾う音は変えられないので音楽のボリュームを上げることでかき消されます。

音楽のボリュームを上げすぎなければ、外音取り込み機能は十分に活きてきます。

聴き疲れのしない音質

音質に関してですが、聴き疲れしないバランスの取れた音だと感じました。

音質にこだわる方の場合、イコライザは必要かもしれません。

音の広がりはあまりなく、音場は狭めな印象でした。

初めてワイヤレスイヤホンを使うのか、すでに何台か経験しているかで感じ方は違ってくると思いますので、ぜひ自分の耳で聞き比べて欲しいです。


遮音性

イヤホンの遮音性はかなり高いです。

ノイズキャンセリング機能は付いていませんが、耳がかなり密閉されるので、イヤホンを着用すると細々とした音は結構聞こえなくなります。


外音取り込み機能を使った時と使わなかった時で、聞こえる音がどの程度違うのか試してみました。


外音取り込み機能オフ
声が聞こえなくない。かなり静か。

外音取り込み機能オン
人の声・生活音が聞こえる。

(室内で使用)



外音取り込み機能オフ
ほとんど何も聞こえない。
音楽だけが聞こえる。(音楽を流した状態で使いました)

外音取り込み機能オン
・背後から走ってくる車の音も自然に聞こえる。
・お店のシャッターが閉まる音が聞こえる。

(夜道を歩きながら使用)



外音取り込み機能をオフの状態でイヤホンを着用するとほぼ生活音が一気に聞こえなくなります。

耳へのフィット感が良いので遮音性がとても高く余計な音が入ってきません。

なので外音取り込み機能の効果の高さもより感じられます。



音楽を聴いている時に変更をすると「トゥルン♪」という音が鳴ります。

この切り替え音が鳴る時に0.5〜1秒ほど音楽が途切れます。

小さな点ですがここはイヤでしたね。


通話をしてみて

屋外で通話をしてみましたが問題なく使えました!

相手の声はハッキリ聞こえますし、相手にもこちらの声がハッキリ聞こえていたようです。

イヤホンの遮音性が高く、周りの音もかなり遮断された状態での通話になるので、人の多い場所で通話をする時は声量に気を付けた方がいいと思います。

結構大きい声で喋ってしまっているなと自分自身で感じることがありました。


それとは別に気をつけた方がいいかもしれないことがあります。

風が強い場合、風切り音をかなり拾ってしまいます。

風の強い日は通話にあまり向かないと感じました。


室内・無風でしたら全く問題なく通話できます。

Zoomでの会議通話でも問題なく使えます。

接続も安定しているので、テレワークに向いているでしょう。

約1時間ほど通話をしましたが、バッテリーはあまり減っていませんでした。


スポンサーリンク

改善してほしいところ


満足度の高いイヤホンだけど不満もあります。

物理ボタンが押しづらい

側面の物理ボタン(左がL/右がR)



イヤホン側面に付いている物理ボタンが微妙に押しづらいです。

イヤホンを装着した状態だとボタンが上を向く形になります。

耳の穴がある方向にボタンを押すわけではないので圧迫感はないですが、ハッキリ言って面倒だと思いました。

タッチセンサーにしてくれた方が個人的には良かったかなと思います。


防水機能がない

私はスポーツや入浴をしながらイヤホンは使わないので、防水は絶対に必要な機能ではないです。

でも、防水があるのと無いのでは安心感が違いますよね。

生活防水くらいはあって欲しかったな・・・と思いました。


まとめ

GLIDiCから販売されているSound Air TW-7000の紹介でした!


・10分の充電で2時間使用できる

・コンパクトさで持ち運び便利な

・カナルワークス監修で耳にフィット

・外部音声取り込み機能つき




気軽に持ち運べる大きさでポケットに忍ばせておけます。

「ちょっと音楽でも聴きたいな」と思ったらポケットから取り出して2秒でペアリング。

ストレスなくすぐに音楽を聴ける状態になるので快適です。


生活に自然と馴染む、良き相棒的なポジションのイヤホンです。



・外音取り込み機能が付いているワイヤレスイヤホンが欲しい!

・AirPods Proは高すぎて買えない


・コンパクトなワイヤレスイヤホンが欲しい

・遮音性が高さとフィット感も捨てがたい




と思っている方に特にオススメです!


価格も下がってきているので、悩んでいるなら買ってしまった方がいいと思います。


この記事も人気です

タイトルとURLをコピーしました