【SURIA T12レビュー】驚愕!?5千円台でノイキャン・外音取り込み機能付きの完全ワイヤレスイヤホン

スポンサーリンク


今回は完全ワイヤレスイヤホン「SURIA T12」を買いました。

Amazonで見つけた(おそらく中華製の)ワイヤレスイヤホンです。

なんと5,000円台でノイズキャンセリングと外音取り込み機能が付いていると書いてあり、気になったので思い切って買ってみました。

今回は実際に使ってみた感想などを書いていきます。


結論から言うと、音質・接続スピード・価格から考えた機能の充実度などは特に文句はなかったものの、装着感が微妙で私とはあまり相性が良く無かったです。

とはいえ、装着感の良し悪しは意見が分かれそうなところです。

さて、それでは紹介していきます。

SURIA T12

箱はシンプルであまり主張のないデザインです。

機能を詰め込んで、価格は5,000円台!?

アクティブノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能が付いて5,980円でした。

精度の感じ方に個人差があれど値段はかなり安いのではないでしょうか。

さて、実際に使っていきます。


Amazonプライム会員【30日無料体験】

イヤホンの見た目


なんとなく、SONYの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」に見た目が似ているような気がします。

イヤホンを収納するケースに関してはソレに寄せて作っているようにしか見えません。

Amazonプライム会員【30日無料体験】

スポンサーリンク

AirPods Proとのサイズ比較

近くにAirPods Proがあったので、サイズの違いが分かるように画像を載せておきます。

AirPods Proと比べると大きいですけど、普通に持ち運べるサイズ感です。

ポケットにも余裕で入ります。

IPX7の防水性能

汗や雨を気にすることなく使える程度の防水性能が備わっています。

充電ケースは防水ではないので、濡らさないように注意してください。


ペアリング方法

・イヤホンのケースを開ける

・左右が1秒間隔で青く光るようになるまで待つ

・接続する機器のBluetoothの設定画面を出す

・[T12]を選択する

・接続完了



初回のペアリングが終われば2回目からはケースからイヤホンを取り出すだけで自動で接続されます。

女性の声で「パワーオン」「ペアリングしました」とガイダンスが流れます。接続完了です。


イヤホンを取り出して約3秒で接続されました。

イヤホンを素早く取り出して耳に装着。これで約2秒。

このタイミングでガイダンスの「パワーオン」が聞こえました。

その後「ペアリングしました」のガイダンスが流れ、接続完了。

これで、おおよそ3秒といったところです。

なかなか早い接続スピードなのではないでしょうか。

接続完了後の光り方に違いがある

イヤホン本体による光の点滅についてです。

・待機中は、2秒に1回くらいの間隔で青く光ります。

・音楽や動画の再生中は、6秒に1回くらいの間隔で白く光ります。



外音取り込みモードとノイズキャンセリングモード搭載

外音取り込みモードとノイズキャンセリングモードが搭載されています。

イヤホンについているボタンを素早く2タップするとモードが切り替わります。

LとR、どちらでタップしてもOK。

イヤホンについているボタンはタップ式です。物理ボタンではないので押し込み感は無く、圧迫されて耳が痛くなるようなことは特になかったです。




この順番でモードは以下の順番で切り替わっていきます。

[外音取り込みモード]→[ノイズキャンセリングモード]→[オフ]

[オフ]の後はまた先頭の[外音取り込みモード]に戻る流れです。


切り替え時は「ポッ」と音が鳴り、その後ガイダンスが流れ、モードが切り替わります。

ガイダンスは日本語で流れるので、今現在何のモードを使っているのかすぐに分かります。

この点はすごく良いと思いました。

外音取り込み機能の性能は?

イヤホンを着用し、モードがオフになってる時に比べると聞こえ方は明らか違います。

マイクで周囲の音を拾っているのが分かります。

「サァーッ・・・」っというノイズが軽く入ります。

ここは気になる人と気にならない人が別れそうです。

スポンサーリンク

ノイズキャンセリングの性能は?

日本語のガイダンスで「ノイズキャンセリング」と流れた後に周囲の音がスッと抑えられます。

間違いなくノイズキャンセリングは効いています。

数万円の物に比べるとノイキャンは弱めに感じるものの機能はしています。

扇風機・室外機の音なんかは割と消えてくれますし、雨の音も結構抑えてくれているように感じました。

遮音性を高められてイヤホンと耳の相性を良くすることが出来ればノイズキャンセリングモードの効果をより感じられたと思います。

良かったところ

動画の再生停止がイヤホンからの指示で行える

私はMacbookでYoutubeを見るのですが、ここでの再生停止がイヤホンで行うことができます。

L・Rどちらでも好きな方をワンタップすれば再生停止の指示を出せます。

これはすごく良かったです。

着用した時の印象

装着をしてみると、耳からかなり飛び出ている印象でした。

イヤホンは上から下に向けて細くなっていく作りになっています。

その太さに差がかなりあり、一番太くなっているちょうど耳に部分がやたら飛び出しているように見えます。

耳を覆えるくらい髪の長さがないと違和感を感じるかもしれません。

スポンサーリンク

着用感がイマイチだと感じた場合

自分好みのイヤーウイングを買い足してピッタリとフィットするように調整してみるのもアリです。

耳にしっかりフィットして遮音性を高くすることでこのイヤホンの評価は変わると思っています。

Amazonプライム会員【30日無料体験】

イマイチだったところ

イヤーウイングが短すぎる

イヤーウイングが短すぎて機能していません。

付属している一番長いものに付け替えても、耳の軟骨のくぼみに引っかかりません。

ハッキリ言って長さが全然足りないので、ただの飾りでしかないです。

しっかりと耳に固定されれば使い心地が良かったのかな・・・と。ここは残念だなと感じました。

あと1cmは長くしないとそもそも耳に引っかかりません・・・。


イヤホン本体が割と重いのでイヤーウイングが機能していないとどんどん下にズルズル落ちてきてしまうんですよね・・・。

耳にしっかりと固定される作りになっていたらこのイヤホンの感想は全然違った物になったと思います。


スポンサーリンク

着用感が好みではなかった

イヤーウイングが短すぎること。

フィット感が良いと感じなかったこと。

イヤホンがずり落ちてくるので、音楽や動画を見ている時もイヤホンに意識が向いてしまい集中できないという状況が続いていたので、外出時に使うと結構ストレスが溜まりそうだと感じました。


【まとめ】着用感が満足なら買うのもあり

装着感が微妙で私とはあまり相性が良く無かったものの、音質・接続スピード・価格から考えた機能の充実度などは特に文句はなかったです。

価格から考えると機能は盛りだくさんですし、申し分ないように思えます。

向き不向きがあり、私の耳には残念ながら合いませんでした。

着用感の問題によって、外出時で使うには少しストレスを感じる可能性もあります。

接続スピードも音質も悪くはないので着用感だけ何とかしてくれればな・・・といった感じです。



着用して特に不満点がなければ買ってみるのもアリ。

というのが結論です。

・イヤホンを着用して耳にしっかりフィットする(相性がいい)
・イヤーウイングがきちんと機能する長さに達している
・自分の生活スタイルに合っている
・ノイキャンと外音取り込み機能を体験してみたい
・使っていて違和感を感じない


これらをクリアしているのであれば買うのもアリです。


ワイヤレスイヤホンって結局は相性次第なんですよね…。

私は最高だと思っているけど他の人からするとイマイチだった。

あの人は最高だと言うけど、私にはイマイチだった。

なんてことがよくある商品だと思っています。


なので、試着ができるのであれば試着をしてからの購入をオススメします。


Amazonプライム会員【30日無料体験】




そして、ノイキャンに関しては「AirPods Proってやっぱすげえ・・・」と思います。

とにかくノイキャンが使いたい。ノイキャン重視で安いワイヤレスイヤホンを探しているのであれば、値段は張りますが思い切ってAirPods Proを買った方が絶対にいいです!

これだけは強くオススメできます。

タイトルとURLをコピーしました