【Anker PowerCore Fusion 5000 レビュー】1年使った感想。1台2役まとめて急速充電!大容量モバイルバッテリー

スポンサーリンク



Ankerの大人気商品であるモバイルバッテリー

PowerCore Fusion 5000を購入して1年が経ちました。


今回は良かったところやイマイチだったところを紹介していきたいと思います。

Anker(アンカー) PowerCore Fusion 5000


ホワイトを購入しました。

使わない日はないというくらい毎日使っています。


内容物

・本体
・説明書
・持ち運び用ポーチ
・Micro USBケーブル

とてもシンプルです。

本体のスペック

重量:約189g

サイズ:横72mm、縦70mm、奥行き31mm

入力:【AC使用時】100-240V=0.5A
【Micro USB使用時】5V=2.1A

出力:【AC使用時】5V=2.1A (各ポート最大2.1A)
【モバイルバッテリー使用時】5V=3A (各ポート最大3A)

カラー展開

色はホワイト以外に2色あります。

・ホワイト

・ブラック

・レッド

この3色展開になっています。

良かったところ

持ち運ぶ荷物が減る

モバイルバッテリーと充電用のACアダプタが一体になっているので荷物が減ります。

私はiPhoneユーザーなので、スマホだけ充電したい場合はLightning端子を最悪1本持ち運べばオッケー。


ACアダプタ・モバイルバッテリー・必要なケーブル

だったのが

PowerCore Fusion 5000・必要なケーブル


になることで荷物が1つ減ります。


「あっ、充電がない」と思ったらそのままコンセントに挿すだけで充電ができるので手間もかからず便利です。

複数台まとめて充電ができる

複数台の機器を同時に充電することが出来るのが便利。

私はこのPowerCore Fusion 5000で、スマホ・ワイヤレスイヤホン・他のモバイルバッテリーを充電しています。

インジケーターが3つ付いていてバッテリーの残量を確認できます。

バッテリーが切れそうな時はチカチカと点滅します。

旅行や出張で大活躍間違いなし

旅行の時は特に重宝します。

スマホの使う頻度は上がりますし、旅行だと何かとバッテリーが食うのでこれがあると便利!

まとめて充電できるので手間も省けるし助かります。


仮に何かのイベントに行くと想定して、待ち時間が長い場合は活躍してくれそうです。


イマイチなところ

重量があるのでシーンによっては持ち運びが面倒

私は出かける時は基本的に手ぶらなので、これを普段持ち運ぶことはありません。

旅行の時や数日留守にする時は重宝しました。

ホテルのコンセントにバッテリーを差した状態でスマホとワイヤレスイヤホンの充電などをまとめて

リュックに入れて持ち運ぶなら気にならないですが、例えばボディバッグなどの小さなバッグだと重さを意識してしまうと思います。

コンセント部分が少し飛び出している

ACプラグが微妙に飛び出しているんですよね…。

しっかり収まっていないので少し気になる方もいると思います。

バッグなどに入れて他の物と一緒に持ち運ぶ時は気をつけてください。

他の物が傷つかないように付属のポーチに必ず入れた方がいいです。


ギリギリ許容範囲ですけど、造りが改善されたらいいなと思います。


「でも、これが完全に収納できてしまうと今度はACプラグを取り出せないんじゃないかな?」とも思います。


1つ知っておくと良いこと

バッテリー本体をコンセントに挿した状態でスマホなどの充電をする場合は、ACモードと呼ばれる状態になり、充電のスピードが少し落ちます。

充電スピードをより上げたい場合は、バッテリーのACプラグをコンセントに挿さずに使いましょう。

まとめ

大人気の商品なので他サイトなどのレビューを見た上で購入を検討してみてください。

価格以上の満足感はきっと感じられるはず。


災害など、万が一に備えて1つ持っておくというのもアリだと思います。


1日分の最低限の充電を求める方はこちら

タイトルとURLをコピーしました