看板持ち(プラカード持ち)バイトはラクだけど暇すぎて地獄【立っているだけのアルバイト】

看板持ち(プラカード持ち)バイトはラクだけど暇すぎて地獄【立っているだけのアルバイト】


街で一度は看板を持って立っている人を見たことがあると思います。

今回は看板持ちバイト経験者の私がどんなバイトが紹介します!


どんなバイト?


看板やプラカードを持ってただ立っているだけのアルバイトです。

街と同化するだけのバイトなので目立ちたがり屋の人にはオススメはできません。

2パターンある

・看板に棒が付いていて立てかけるタイプ
・両手で持って掲げるタイプ(プラカード)

前者の場合、手で棒を持って立てかけておくだけなので負担は割と少なめ。お店によっては看板や棒の素材が極端に重かったりするので女性は持ち運びがややキツめです。(男性でも腕が痛くなるくらい重い場合もあります。軽い素材であれ…)

後者の場合はプラカードになりますが、両手でプラカードを持って腕を上げた状態を維持しつつ立っていなくてはならないので足だけではなく腕の疲労感も感じると思います。


時給は?

時給は1000円程度



勤務時間

4〜5時間程度。

パチンコ・スロットで昼間の時間というのはまず無かったです。

夕方から夜にかけてのパターンが多め。

勤務中の服装

不動産関係ならスーツが基本ですね。

パチンコ・スロット店の場合は普段着のままということがほとんどです。

服装の指定をされたことは一度もありませんでした。

冬は冷えるので厚着していくことをオススメします。足を冷やさないように。


もはや修行!やることがないのでヒマ潰し必須


立ってるだけでお金がもらえるなんて最高!


と思うかもしれませんがキツいところもあります。


それは、立っているだけで何もすることがないということです。

作業があって動いていれば多少は時間への意識が向かなくなって経過が早く感じるかもしれませんが、ただ立っているだけなので常に時間を意識してしまい気が狂いそうになるほど時間の経過が遅く感じます。

ただただ時間の経過を待つだけ。


究極にヒマなバイトなので必然的に時間を潰す方法を探すことにはなると思います。

中には看板を持って立ったまま仮眠をとる猛者もいるようですが私には真似が出来ませんでした。



まとめ


いかがでしたでしょうか。

隙間時間にサクッとやる分には良いと思います。