【体験談】チラシ配布バイトをおすすめしない理由。経験者が語ります【メンタル強者のためのバイト】

スポンサーリンク
未分類
StockSnapによるPixabayからの画像



「チラシ(ビラ)配布のバイトをやってみようかな」

「どんな感じだろう。出来るか不安。」

という方に向けての記事となっています。


私は過去にチラシ配布のバイトをやっていました。


・バイトの内容は?

・ノルマってある?

・未経験だから出来るか心配。

・辛そうだけど実際どうなの?


こういった疑問を解消しつつ、私の経験も交えてチラシ配布のバイトがどんなものなのかを紹介できればと思います。


チラシ配布バイトは絶望するのでオススメしない

チラシ(ビラ)配布のバイトって何?


通行人に声をかけてチラシ(ビラ)を手渡していくアルバイトです。


はっきり言って、めちゃくちゃキツい。(白目)


メガネ店・コンタクトレンズのチラシが多いです。

繊細な方・ナイーブで傷つきやすい方にはオススメしません!


バイトはどこで募集してる?

求人誌や求人サイトで募集されています。

まずは求人を探して電話かWEB応募をしましょう!


ティッシュ配布やサンプリング配布のアルバイトと同時に募集をかけられていることが多いです。


サイトで探す場合は、「ティッシュ」「サンプリング」「チラシ」「ビラ」「配布」などのワードを入れて検索すれば見つかるはずです。

派遣会社に登録する流れがほとんどだと思います。私もそうでした。


ギガバイトで募集されていますよ!

一緒に働く人はどんな人?

私が実際に働いて見た感じ、20代〜30代がほとんどです。

20代は少なめで、30代が多かったです。

30代以上の方とは滅多に現場で会いませんでした。


男女比率は半々くらいで、落ち着いた雰囲気の人が多いです。

「専業主婦をしていたけど、空いている時間で少しお金を稼ごうと思って始めた。」と言っている人もいました。


人付き合いが苦手な人も大丈夫


基本的に現場で一緒になる人と深く関わることはありません。

「プライベートな面には触れちゃいけない」みたいな雰囲気が何となくあります。笑


他のスタッフと何度か同じ現場に入ると顔なじみになってくるので、仲良くなる必要はないですが最低限のコミュニケーションは取れた方がいいです。


人間関係で悩むようなことはないと思います。

やることをやって、ただ帰るだけ。

「人間関係まじ面倒くせー!」という人も安心して働けるバイトです。


時給は?

相場は1,000円円程度ですね。

交通費込みの場合もありますし、交通費が支給される場合もあります。


メンタルの消費量を考えると時給が安すぎると思います。

今の私なら自己アフィリエイトでもやってサクッとお金にかえます。


頑張ってたくさん配ってもインセンティブ等は特に発生しません。

頑張って結果を出すたびと目標とされるハードルがグングン上がっていきます。

頑張れば頑張るだけ自分の首を絞めていくことになります。

服装・髪型・髪色・アクセサリー


それなりに指定されます。


・男性女性問わず、長ズボン着用。
ジャージはNG。なぜかハーフパンツはOK。

・髪の色は派手でない色
男性は基本的に黒髪。

女性は過度な染色でなければOK。

・アクセサリーの着用は基本的にNG
通行人に怪我をさせる恐れがあるため。

・サンダルはNG
まあこれは分かりますよね。

・ピアスは小さいものならOK
大きい小さいの基準はよく分かりません。

など。


登録する派遣会社次第だとは思いますが、あくまでメガネやコンタクトレンズのチラシ配布なので、奇抜な見た目でなければ大丈夫です。


チラシ配布をしている人の髪が赤だったり緑だったらビックリしますよね。



バイトまでの流れ


・派遣会社に登録
履歴書のいらない場所がほとんどです。

・メールで仕事の案内が送られてくる

・希望するものがあれば返信。

・応募完了!

・予約が取れると仕事の確定メールが送られてくる。


バイト開始!1日の流れ


・当日の集合場所などに関しての詳細メールが遅くて勤務の前日までに送られる。

・当日の指定された場所と時間に他スタッフと合流。
(場合によっては1人で)

・指定されたクライアントの元(お店)に行く。

・お店の人に挨拶をして業務に必要なものを受け取る。

(チラシ、お店のジャンパーまたはTシャツ、帽子、道路使用許可書など。)

・持ち場について配布開始。

・バイト終了!(ほぼ、現地解散。)

といった流れでした。


ノルマはある?


チラシ配布のバイトにノルマは無いです。

いや…..あるようで無い。

無いようである。(どっちだよ!)

「(ま、大体これくらいは配れるよね?)」


といった無言の圧力をクライアントと現場を仕切っている他のスタッフからかけられることはあります。


決まったノルマが無いとはいえ、お店によっては見回りに来るので、サボることは出来ないです。



・配布する場所

・平日なのか土日なのか

・天候


これらで配布できる平均枚数は変わってきます。


1時間で20枚ほど配布ができれば良い方だと思います。

(一生懸命配ってこれくらい。)


配布する場所は?

配布する場所は駅周辺など、人通りの多い場所です。

駅の敷地に入ったりすると注意されるので気をつけてください。


雨の日はどうする?


「チラシ配布って野外だよね?どうするの?」

と思われますよね。


雨でも予定通り行われる場合が多いです。

使用許可の出ている配布エリアに屋根のある場所があれば、予定通り行われる場合が多く、配布するエリア内に屋根が無かったり、天候が悪かったりすると中止になる可能性もあります。


そこはクライアントの判断次第です。


台風の時は中止でしょうね。



ちなみに雨の日の配布率はガクンと減ります。

ただでさえ受け取ってもらえないのに、より受け取ってもらえなくなります。



ツラいところ【絶望の深淵】


飛び込み営業に似ている

個人的にチラシ配布のバイトは飛び込み営業(新規開拓営業)に似ているなと感じました。


新規開拓営業を街頭でやる=チラシ配布バイト


と考えてもいいかもしれません。


私は家庭に訪問するタイプの新規開拓営業のバイトをしていたことがあります。

インターホンを押して営業をかけるいわゆる飛び込み営業です。


どちらの経験もある者として、私は非常に近いものを感じました。

相手にとって別に欲しくもないし、興味のない物を受け取ってもらうというのは本当に大変です。

暑い日は暑く、寒い日は寒い

夏は暑い。

冬は寒い。

当然といえば当然ですが、野外なので天候の影響をモロに受けます。


立ちっぱなしなので足腰にくる

何時間も立ちっぱなしで、ちょこちょこ動き回ります。

足腰への負担が半端なくきます。


おまけに私は外反母趾なので、かなりキツかったです。


それ以上に精神が辛くなるわけですが、、その話はこの後詳しく説明します。


本物の孤独を味わえる「100人スルー」

人によると思いますが、100人の通行人にスルーされることなんていうのは普通にあると思っていた方がいいでしょう。

少し盛ったかもしれませんが、50人に差し出して1人受け取ってくれたらラッキーくらいの感じです。

それくらい大変です。

スマホをイジっている人

・見る気すらない人

・視界から私を除外している人

・気づいていないフリをする人


その他諸々。


まあ、、色々な人がいるわけです。


1時間に20枚くらいは配らなきゃ!

というプレッシャー。


誰も受け取ってくれない。

という悔しさ。

悲しさ。

腹立たしさ。


かなり精神的にダメージを受けます。

まるで、自分という”個”そのものを否定されたような気持ちにすらなります。


ティッシュ配布のバイトに比べると配布率は格段に下がります。

なので、落差でよりキツく感じます。


ティッシュ配布の場合は渡そうとしなくても相手から貰いにきてくれます。

ですが、チラシはとにかく受け取ってくれません。


人ってこんなに態度が変わるんだ….というくらいに。


人が嫌いになりそうモードに突入する

私も人間なので、スルーされたり冷たくされると、、悲しいです。

悲しさと腹立たしさが交互にやって来るというか、それが混ざったような感情になります。


オフラインの世界でもオンラインの世界でも、誰からも見向きもされないのが一番精神的にキツいですよね。


他人に期待をするだけムダと気づく


体も心もボロボロになった時にふと気づきます。


他人に期待をしすぎていた。

期待をするだけムダなんだ。

期待しすぎていたから傷つくんだ。



期待しなくなれば傷つかなくなります。

突然やってくる精神のランナーズハイ

突然、スッ!と気持ちがラクに…!

スルーされることに対するツラさが吹き飛ぶ瞬間がやってきます。


あれ?….今ならイケる気がする!!!

となり、勢いでガンガン配布できた経験も多々ありました。


このランナーズハイ状態は体感としてあり、ヤケクソとはまた違ったものでした。


見つけた!配布のコツ!

チラシ配布のバイトを続ける中で配布率を上げるコツを見つけました。


・明るく元気に!堂々と

「雰囲気が暗い」「自信なさげ」

こういったネガティブな要素からは、人は自然と距離を取るものです。


それに、配っている人がオドオドしていたら断るのもカンタンですよね。

明るい人からグイッと来られるとなかなか断れなかったりすると思います。


背筋を伸ばして自信を持って堂々としていれば大丈夫です。





・相手の立場になって考えて動く

自分がチラシを配布される側の立場だったとしたら、どんな人からもらうか。

どんな配布方法なら受け取りやすいか。


これらを考えながら脳内シュミレーションを何度もしました。


配布する際に発する宣伝文句といいますか、お店側からマニュアル化された文言が渡されることがあります。

私はほとんどを改変していました。

「(うわっ、長い長い。こんなもん誰も聞かないし疲れるわ。)」


長々と話をしたところで通行人は聞いていません。

要点を押さえて極力短く説明を入れる。


・何者なのか(配っている人)

・貰うメリットはあるのか

これくらいの情報量が人が短時間で聞ける限界ではないでしょうか。


「おはようございます!XXX(お店)です!大変お得なXX %引きクーポンを配布しております!」


もっと短くするとこんな感じです。

「お得なXX%引きクーポンを配布してます。XXX(お店)です!」

「お得」というメリットを感じさせる言葉と「〜%」を加えた具体性。

そして自分が何者なのか。



また、1人1人に言う必要はありません。

通行人の4人くらいにまとめて伝わる感じで声を出し、目は相手と合うようにして、受け取りやすい位置にチラシを差し出す。

これで受け取り率はかなり上がります。


気持ちが下がってきてヤケクソになるとやはり通行人も気づくのか、受け取り率は激減しました。笑


誰も私を見てない


バイトが終わり、駅まで歩いているとチラシ配りをしている人がいました。

私は特に気にする素振りもせずに通り過ぎていて「あっ…」と我に返りました。

そんなもんなんです。


通行人から見たら私もそんな程度にしか映っていないんだ….。

そう気づきました。


それでもやはり自分がプレイヤーとなって挑むとツライことには変わりません。

バカ真面目に捉えるとツラすぎるので、気にしないことが一番なんでしょうね。



自信を持って言える!おすすめしないぞ!

オススメ度 ☆☆☆☆★

得られるもの
:忍耐力・精神力・負けない心

失うもの:自信・体力・精神力


得られるものは主に精神的な要素が多いです。

当たって砕けろ!が身につきます。

(いや、当たって砕ける可能性大…..)

人に対する恐怖心が無くなります。


精神をすり減らす中で気にすることのムダさに気づく。

結果、開き直って配れるようになる。

というのが正しい表現かもしれません。


ある意味、バイトというより修行に近い。



時給・精神の消費量など、トータルで考えると割に合わないです。

(バイト全般がそうなので、これを言ったら元も子もないですが。)


最強のメンタルを持った屈強精神人間やプレイとして楽しめるM体質の方にはオススメできます。


超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド [ 鈴木祐 ]
タイトルとURLをコピーしました