【日本人に似合うサングラスの選び方/探し方】レイバン・ゾフあたりからオススメのモデルを抜粋

スポンサーリンク


暑い日が続いていますね。

紫外線が気になる季節です。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。


サングラスが1本欲しい。

だけど日本って「サングラス=格好つけてる・オラついてる」みたいなイメージが強い気がする。

周りの目は正直少し気になる….。

そう思われている方も多いのではないでしょうか。


私はサングラスをかけた鏡に映った自分が何だか間抜けに見えることが多く、サングラスに対しての苦手意識がありました。

そんな私も多くのサングラスを着用し、失敗を繰り返していく過程で似合う物が少しずつ分かってきました。


今回は日本人に比較的似合いやすいであろうサングラスの選び方を自己流で紹介します。


・オラついている感は出したくない。

・だけどサングラスはしたい。

・悪目立ちしなければそれでいい。


そんな方の参考になれば幸いです。


なぜサングラスをかけようと思うのか

目から入った紫外線の刺激はシミやそばかすなどの原因になる

日焼け止めクリームなどで肌を守っていたとしても目の紫外線対策は疎かになりがち。


目からの紫外線を防げなければメラニン色素を作るように脳から指令が出されてしまい、日焼けをしたりシミやそばかすが出来るという話もあります


若々しくありたいですよね。綺麗でいたいじゃないですか。

何とかしたい…と思うようになりました。


目が疲れやすいから「病気のリスクに備えて」

日差しで目が痛くなることが多かったので必要性を感じました。

目も日焼けしますし、ドライアイ・白内障などのリスクもあります。

将来のリスクを少しでも回避できると思えば安い買い物です。


男性の場合は日傘を差す差さない問題もあると思いますが、せめてサングラスくらいは….と思います。


屋外でに出る機会の多い方なら尚さら必要ですよね。

似合いやすいサングラスの条件

結論から言うとこの3つを意識して選べば結構な確率で何とかなるのではなかろうかと思います。


・おでこが出る髪型にする

・目がきちんと見えるくらいの色の薄いレンズ

・レンズの色はグレー、ライトグレー(薄めのブラック)

・奇抜なデザインは避ける


ざっくり言うとこの4つですが、もう少し細かい条件も追加していきます。

眉毛とフレーム上部の形を合わせる

眉毛の形とフレームの上部の形が合うように意識して選びましょう。

フレームに眉毛が隠れてしまうか、フレーム上部が眉毛に半分かかるくらいがベストと言われています。

例えば、眉毛は直線的なのにフレーム上部は丸みがある

これはバランスが悪いに該当してしまいます。

眉毛のラインに沿うようなものを選ぶと似合いやすくなります。


鼻が低めで眉毛とフレーム上部の間隔が空いてしまう方は鼻の支え部分が盛り上がっているアジアンフィットモデルを選ぶと良いでしょう。

西洋人と比べると日本人は鼻の開始位置が違うので、メガネをかけても若干下がり気味になってしまうことがあり、これが眉毛とフレームの間隔が空いてしまう原因でもあります。

鼻の支え部分が盛り上がっているアジアンフィットモデルを選ぶことで鼻の開始位置の低い日本人でも似合いやすくなります。

スポンサーリンク

おでこが出る髪型にする

おでこを出す髪型だとサングラスは似合いやすくなると思います。

感覚的にそういう風に感じたのですが、なぜそう感じたのかをずっと考えていました。

似合う人とそうではない人の違いはどこにあるのかと。


例えば「サングラス 外国人」と検索をかけたとします。日本人の写真も出てきますが

サングラスが似合う人の髪型は共通していて、おでこがスッキリ出ているんですよね…!


おでこをただ出せばいいのか?

短髪にすればいいのか?

という問題でもなくて、きちんとセットをするような髪型で且つおでこが出ているというのがポイントです。

おでこが仮に出ていても前髪がおでこにベッタリくっついているような感じだとイマイチな印象が出てしまうので、髪をかき上げたりした方が似合いやすくなると思います。


おそらく重さと軽さのバランスが絶妙なんだと思います。

日本人は若い男性もそうですが、前髪を下ろしてる人が比較的多いですよね。

そして黒髪の割合も当然高いです。


下ろした黒い前髪+サングラスの野暮ったさ=野暮ったさが増して似合わないと感じる。


おそらくですが、サングラスを試しにかけてみた時に「似合わないなぁ」と感じてしまう理由の1つなのではないかと予想しています。


美容室でスッキリした髪型に変えてみるのもいかがでしょうか。

ホットペッパービューティー

髪の色・長さ・おでこの露出具合で印象が全然違う


髪の毛が短い:軽い・すっきり

髪の毛が長い:重い・野暮ったい

髪の色が明るい:軽い

髪の色が暗い:重い



色や長さの印象というのがあって、わたしは上記のような印象を受けます。


黒髪で重い印象があってもおでこを出すことで軽い印象を与えられたり、髪を下ろしているから野暮ったいはずだけど色は明るめだから黒いサングラスも似合うなど。


パターンは色々とありますが、おでこを出す髪型は間違いなくサングラスが似合わせる為の近道だと思います。


ホットペッパービューティー

レンズの色は薄めでグレー系に

レンズの濃さに関しては、目がきちんと見える薄めのレンズを選びましょう。

スケスケくらいでいいと思います。

色が濃くなると力強い印象になり、色が薄くなると優しい印象になります。



レンズの色はグレーやライトグレーなどを選ぶと比較的似合いやすいです。

「サングラスだと分かるけど、目がハッキリ見えるからメガネっぽいな」くらいの印象が悪目立ちしなくて一番良いと思います。

目は透けて見えて、薄らグレーがかった見た目になるので、サングラスの威圧感がかなり抑えられて優しい印象に。


ブルーやイエローなどを選ぶとカジュアルさ・派手さが増すので、サングラスによる印象が強さが気になる方はやはりグレーやライトグレーが良いと思います。


可視光線透過率

読み方は「かしこうせんとうかりつ」

可視光線透過率はレンズがどれくらいの光を通すのかの数値を0〜100%で表すもの。

100%に近づくほどレンズの色が明るくなり、0%に近づくほどレンズが暗くなります。

日中の着用には日差しを抑えてくれる可視光線透過率が0%に近いものがオススメです。

レンズが真っ黒になってしまうと少し怖い雰囲気が出てしまうので、個人的には中間の50〜60%程度が良いと思います。


色付きのレンズはイヤ!という場合

薄めのグレーのレンズにしてみたけど自分はなんだか気になる。違和感がある。

そんな方は無色透明またはそれに近いものを選びましょう。


オンオフ関係なく伊達メガネ感覚でかけられる無色透明のレンズでありながら紫外線を100%カットしてくれるサングラスもあります。

サングラスに見られたくないという人はこちらの方がいいですね。


「仕事上、屋外での作業が多くて紫外線を沢山浴びているけど色付きのサングラスはかけれない…..」

そんな人には打って付けです。




メガネとサングラスが一体になっている2Way仕様の物も売っている

メガネとサングラスを簡単に切り替えられる物もあります。

室内にいる時はメガネとして、外出時はサングラスとして使えます。

これはZoff(ゾフ)の2Way仕様の商品で個人的にはかなりオススメです!



スポンサーリンク

奇抜な物は避けてベーシックな物を選ぶ

個性や奇抜さ。他の人と違うデザインがおしゃれと思いがちですが、シンプルでベーシックな物を選んだ方がいいです。

悪目立ちを避けたいなら奇抜なデザインや色はより避けた方がいいです。

ティアドロップや一時期流行ったミラータイプのギラギラしたサングラスなどです。

ティアドロップは格好いいですし、それぞれ良さがありますが、派手に見られたくなければ避けておいた方がいいと思います。


ベーシック・定番の形を選ぶことをおすすめします。

しっくりくるまで何度も試着をしよう

可能な限りたくさんのサングラスを試着しましょう。


「顔型でサングラスの似合う似合わないが変わる」

というのはあるかもしれませんが一旦それは無視です。


「似合わないと思っていたけど試着をしてみたら意外と似合うものがあった!」

ということは経験上かなりあります。


自分のセンスに自信が無ければお店の人と一緒に似合う物を探してみるのもありです。

変に分かってる感じを出したりせずにプロに任せてみるのもありだと思います。


似合うものを見つけたらサイズを覚えておく

似合うサイズ感のサングラスを見つけたらサイズを控えておくことをオススメします。


「この形でこのサイズなら似合うだろうな」というのが分かるようになると、通販でメガネやサングラスを買うときに便利です。

まとめ

まとめると

・レンズの色が薄いもの

(可視光線透過率が50〜60%)


・レンズの色はグレーかライトグレー


・眉毛とフレームの形を合わせる

フレーム上部が眉毛の半分にかかるor眉毛を全て隠せるものを選ぶ


・アジアンフィットモデルを選ぶ

・奇抜なデザインや色を避ける



これでかなりの確率で似合うようになると思います。


誰に何と言われようが結局は自分の好みなので、サングラスをかけたいなら気にせずにかければいいんです。


誰に何と言われようが、格好つけてると思われようがどうでも良いじゃないですか。


自分の目や将来のためにしっかりと紫外線の対策をしていきましょう。

紫外線対策は絶対した方が良いと思いますし、5年後か10年後かは分かりませんが、どこかで確実に差が出てくると信じています。


タイトルとURLをコピーしました