【小さい財布レビューまとめ】歴代のミニ財布&小銭入れを紹介!|アマゾンで買える

スポンサーリンク


財布を軽くコンパクトにしたい!

手荷物は少なく、身軽でありたい!

値段が安くて良いミニ財布があれば知りたい!


そう思っているそこのあなた!


今回はそんな方に向けて、わたしが過去に買ったコンパクト財布をまとめて紹介します。

買って失敗してまた買っての繰り返し…

わたしは身軽さを目指してミニ財布を何度も買って何度も手放しました。


結論から言って、絶対にこれが良いというのは言い切れません。

お金やカードを持ち運ぶ量・生活スタイルの細かい違いによって、合う合わないが変わってきます。

それを言っちゃあおしまいよ。と思われるかもしれませんが、、、人によります。



わたしが財布を探しをする時は

・使いやすい
・ポケットにすっぽり入るサイズ感
・カードは2〜3枚入れば十分(必要以上の収納はいらない)
・革が何枚も重なっていなくてムダな厚みがない

などを意識しています。


「これは自分と相性が良いだろう!」と思って買ったのに結果的に合わなかったというのはよくあるので財布探しは難しいです。


さっそく過去に使ってきたミニ財布を紹介していこうと思います。

abrAsus(アブラサス)の薄い財布



アブラサスというブランドの財布を使っていました。

ミニマリスト界隈ではかなり有名な財布なのではないでしょうか。


スタイリッシュでコンパクト!

滑らかな革の質感も好みでした。

見た目や雰囲気ともに格好良かったですが、カードが頻繁に抜け落ちることが不満で、最終的に自分には合わないと感じたので手放しました。(カード収納2〜3枚)

全体的な評価は高く、安定した人気の商品なのでもちろん合う方も沢山います。




次に試したミニ財布はこれ



アブラサスの次に試した財布がこちら!


良いところ
・薄めのつくり
・カラバリが豊富

質感が異なる物もあるので、好みに合う物に出会えるかもしれません。


イマイチなところ
・カードが取り出しにくい
・小銭入れが小さい

機能面でかなり致命的だと思います。


なぜこうなるのかと言うと、カード収納部の真上にコイン収納部があるんですね…。

カードを取り出そうにも真上にフラップが付いているのでカードが取り出しにくい….。

フラップを切断してしまおうかな….と思ったくらいです。


全体的に薄めな作りになっていて良さげなのに、フラップで余計な厚みが出てしまっていている点も少し残念に感じました。


・持ち運びはカードとお札だけ
・小銭は入れない
・フラップの厚みが気にならない

こんな人には向いています。

スポンサーリンク

アレじゃん….これ

続いてはこちら!同じブランドの別の型です。

最初に見た時は「これ、ほぼアブラサスじゃん」と思いました。

雰囲気はかなり良く、お気に入りになると思いましたが、小銭入れが使いづらくて手放しました。



良いところ
・サイズのコンパクトさ

イマイチなところ
・革が何枚も重なっているので厚みが出る

元から小銭入れとして使う予定はありませんでしたが、小銭を収納部に入れなくてもカードの取り出しにくかったので手放しました。


カラバリが豊富なので明るい色のコンパクト財布が欲しい人には好みの物もあるかもしれません。

現在、愛用している財布はEazipakのミニ財布


現在使っている財布です。

1年以上使っています。

厚さはわずか1cm。横幅は9.5cm、縦幅7cmとかなりコンパクトです。

良いところ

・価格がとにかく安い
・カード2枚収納でも財布から抜け落ちない


イマイチなところ
・質感



私は普段、クレジットカードを2枚入れています。

少ないカード枚数でも全く抜け落ちません。

これが一番大きいです。

お札もちょうど入る大きすぎず小さすぎずといったサイズ感なので気に入っています。


質感はイマイチですが、あくまで「高級感はない」という意味です。普通に使えます。


「見た目は少しチープだけど、カードは抜け落ちないアブラス感のある財布」といったところでしょうか。


価格も3,000円以下とかなり安いので試しに買ってみるのはありです。


小銭入れも合わせて使っています!革工房サトウ スリムコインケース

普段の買い物の支払いは、PayPay・モバイルSuica・クレジットカードなどで済ませるようになり、現金に触る機会が無くなりました。

おそらく1年に5回以下とかのレベルまで無くなっています。

小銭が日常的に触れる物ではなくなったので持ち運ぶこともなくなり、カードと小銭は分けるようになりました。


革の質感は価格相応ですが機能面は全く問題なしで耐久性も高いです。

むしろ不満に感じたことが1度もないレベルで快適。

価格も1,200円ほどで安いです!

気軽にトライできるのでオススメです!

【安い財布を買う時のポイント】暗めの色を選ぼう!


服なんかも同じですが、価格の安い商品を買う時は暗めの色を選んだ方がいいです。

明るい色だと素材の良し悪しが目立つので安っぽい素材の場合が際立ってしまいます。





まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上、過去に購入してきたミニ財布のまとめになります。


繰り返しになりますが、相性次第なので合う合わないは人によって変わります。


カードすら持たなくなって、そのうち財布ではなくパスケースとかを使っているかもしれません。笑


タイトルとURLをコピーしました