『テスト10』治験が怖くなる映画【あらすじ・予告・感想】ネタバレあり

スポンサーリンク


こんにちは。

映画『テスト10』を見ました。

結論から言って、まあまあなクソ映画だったと思います。

今回はこの映画についてサクッと書いていきます。

テスト10

Amazon.comより引用

映画『テスト10』は2012年に公開されたアメリカ・カナダ合作のホラー作品。

原題は『Bloodwork』

監督はエリック・ワーセンバーグ

あらすじ

たった2週間の実験に協力するだけで3千150ドルの報酬。

その高額報酬を餌に10人の被験者が集められた。

大学生のグレッグもそのひとり。

春休みの旅行資金を稼ぐために気軽に参加を決めたのだ。

しかし簡単だと思われた実験は思わぬ展開に。

被験者が次第に暴走を始めたのだ!果たしてこの実験の真の目的とは!?

Amazon.comより引用
created by Rinker
アット エンタテインメント

予告

「TEST10 テスト10」予告

感想(ネタバレあり)

高額の治験協力の募集を見つけた大学生2人が治験に参加。

若者から高齢者までの10人の参加者が集められ、新薬を投与される中で副作用によって凶暴化していく話。


最終的に『バイオハザード』のような映画になりました。

治験の参加者は薬に依存し、ゾンビのように生きた人の肉まで食べるようになります。

最終的に実験があったことを隠蔽するために闇の組織も登場・・・。



治験に興味があるけど何となく怖いイメージを持っている。

そんな人は恐怖心がより煽られる映画だと感じました。

「実際はこんなことないよ」と言いたいです。

映画内では独房のような場所で寝させられたり、寝ている最中に採血をしようとしたり、契約を何も交わさずに博士が勝手に条件を変更してきたり、食事でピザとコーラが支給されたり、かなりめちゃくちゃでした。

日本で治験に参加した経験のある人が見たら「いやいや、こんなことはない」と何度も思うことでしょう。

わたしも日本の治験には参加したことがありますが「こんなんじゃじゃないわ」と感じました。


この映画にはゴキブリやミミズ、動物の死骸が出てきたりもします。

それらに耐性がない人にはオススメできません。


この映画を見て治験に悪いイメージを持ってしまった人は「あくまで映画。フィクション。」だと思ってほしいです。

こんなにヒドい扱いは一度もされたことないです。


紹介はしましたが、この映画がオススメというわけではないです。

興味があれば見てみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
アット エンタテインメント

治験ボランティア

タイトルとURLをコピーしました