AirPods Proを買わないでいい理由 | ぶっちゃけ安くても良いのあります

スポンサーリンク


「とりあえずAirPods Proを買っておけば間違いない」

よくこんなことを言う人がいますよね。

「たしかにそうだな」と思う反面、「そうとも限らないよな」と思う自分もいます。


今回はAirPods Proを実際に使ってきて感じた「買わないでいい理由」を書いていきます。

値段が高い

ぶっちゃけ、、、高くないですか?

3万ですよ・・・3万。

誰でも気軽に買えるイヤホンの値段かと言ったら私は「はい」とは言えないです。

探せばもっと安くて使えるものはあります。

外音取り込み機能なら他にもついてる

外音取り込み機能だけがほしいなら他のイヤホンにもついてます。

それに外音取り込み機能って最悪無しでもいいんじゃないかな。

普通にイヤホンを外せばいいだけだし、「別に大した手間じゃないよな」とも思います。

たしかに便利だけど、絶対に必要なものではないと使っていて感じました。


過去にブログ内で紹介した「GLiDiC TW-7000」なら1/3程度の価格です。

高級感のあるデザインで音質も悪くはない。

耳の形を知り尽くしたカナルワークス監修のイヤホンということで耳へのフィット感・遮音性も抜群。

ノイキャンは絶対に必要ではない

AirPods Proのノイズキャンセリング機能はたしかに素晴らしい。

静寂が手に入る。

私は音に敏感なこともあって、ノイキャンの効果は生活を変えるレベルでした。

だからと言って、全員が必要な機能ではないと思います。

最近では、1万円以下でアクティブノイズキャンセリングの付いたワイヤレスイヤホンも登場していたりします。

最低限の機能だけでいい人には向かない

音楽を聴いたり動画を見ることでしか使わない。

外音取り込みもノイキャンもいらない。

そんな人にはAirPods Proは必要ないものです。

間違いなく高すぎる買い物になるでしょう。


音楽や動画を楽しむ程度の目的なら予算5000円以内で十分です。

私はサウンドピーツのワイヤレスイヤホンをオススメします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

以上、AirPods Proを買わないでいい理由を書いてきました。


ワイヤレスイヤホンは年々進化してきていますし、安くても使える物はいっぱいあります。


とは言え、お金を出せば良いものが手に入るのもまた事実。

AirPods Proは良い商品ですし、Appleユーザーなら買って間違いはないです。


お金に余裕があれば迷わずAirPods Proを買えばいいと思います。

タイトルとURLをコピーしました